ニキビを治すために大切な栄養素

ニキビを治すために大切な栄養素

食事は毎日食べるものです。毎日口にするものは肌に影響を与えます。ニキビは外からだけのケアでは不十分で、内側から整えることも大切です。ニキビを治すにはどんな食事をするとよいのでしょうか。

 

乾燥とニキビの関係

 

ニキビは脂性肌がなるものだと思っていませんか。実は大人ニキビの原因は乾燥です。

 

乾燥している肌はバリア機能が低下していて、肌を守るために過角化という角質が厚くなる現象が起こって肌を守ろうとします。たまった角質が毛穴をふさぎ、皮脂がたまってニキビになります。

 

肌の水分保持力は細胞間脂質が80%、天然保湿因子が18%、皮脂が2%です。大部分を占める細胞間脂質と天然保湿因子はターンオーバーの過程で生まれます。食生活が乱れるとターンオーバー乱れて乾燥肌になります。

 

タンパク質

 

細胞はタンパク質で構成されています。ターンオーバーを正常にするにはタンパク質の摂取が重要です。

 

人間には体内で合成することができない9種類の必須アミノ酸があり、毎日食事から摂る必要があります。アミノ酸は少ないものに合わせるため、どれか一つでも少ないとターンオーバーが乱れてしまいます。

 

タンパク質が多い食品は、肉や魚などの動物性食品、植物性食品では大豆に多く含まれています。アミノ酸スコアが違うので、動物性食品と植物性食品両方から摂取しましょう。

 

ビタミンB群

 

ターンオーバーを正常にするためにはビタミンB群も重要です。ビタミンB群は皮脂の分泌をコントロースしてニキビ予防する働きもあります。

 

ニキビに効果的なのがビタミンB2とB6です。どちらも皮脂分泌にかかわっていて、ターンオーバーを正常にしてニキビの改善を助けます。

 

ビタミンB2はうなぎ、レバーなどに含まれていて、ビタミンB6はかつおやマグロに多く含まれています。水溶性ビタミンで体内にためこむことができないので、1日のうちにこまめに摂取するようにし、毎日食事で補うようにします。サプリメントを利用する場合は1日に何度かに分けて摂りましょう。